バーチャル理科実験プラットフォーム「Labster」教育関係者向けのオンラインセミナーが開催

Labster

dragonfruit株式会社(東京都渋谷区 代表取締役CEO:本城直季)は、Labster社が開発したバーチャル理科実験プラットフォーム「Labster」(ラブスター)を、より多くの教育関係者に使っていただくため、ビデオ通話アプリを使用したオンラインセミナーの開催することを発表しました。

■内容

・理科実験のバーチャルコンテンツプラットフォーム「Labster」のご紹介
・Labsterを活用した教育現場の状況についてのご説明
・実際に導入された、クラーク記念国際高等学校様での授業での活用事例をご紹介させていただきます
※セミナー時間は40分を想定しております。残り20分でご質問を音声もしくはコメントにてお受付致します。

■講師紹介

本城直季(ほんじょう・なおき)
dragonfruit株式会社 代表取締役CEO/株式会社ボーダー・アンド・ポーター 代表取締役
EdTechサービスの企画・開発・ディストリビューションにとどまらず、教育現場のICT推進を手掛ける、教育現場のDX推進者。株式会社ボーダー・アンド・ポーターではDXアクションやデジタルドリブンの新規事業構築を手掛けるなど、デジタルトランスフォーメーションにおけるコンサル~実行までのスペシャリスト。

■参加対象者

高等学校関係者、高等専門学校関係者

■定員

定員は各開催日、50名までとなります。

■Labsterオンラインセミナースケジュール

◇5月
22日(金)15〜16時
29日(金)15〜16時

◇6月
5日(金)15〜16時
12日(金)15〜16時
19日(金)15〜16時
26日(金)15〜16時

■参加方法

オンラインセミナーにご参加をいただくには、事前のご予約が必要となります。以下URLより予約ください。
URL:https://forms.gle/jrsiprfZN2hLpHpq6

※開始時間15分前より上記Webinar URLへはアクセス可能となります。
※通信環境の状況によっては、音声等が途切れてしまう可能性がございます。ご了承ください。

■Labsterとは?

教育スタートアップ大国デンマークの企業、Labster社が開発したVRを活用したバーチャル理科実験プラットフォームです。生徒は、普段の対面授業では体験できない最新の研究設備を使った細胞生物学や分子生物学などの理科実験を、VRを使って体験することができます。ハーバードメディカルスクールや、カリフォルニア州立バークレー校などが監修した、トップスクール発のコンテンツを導入することが可能。また、高価な最新の実験、研究設備の購入費用の節約にもつながるといったメリットがあります。

Labstar社が開発した100を超えるバーチャルラボは、すでにMITやボストン大学、アリゾナ州立大学をはじめとして、世界各地250を超える教育機関で利用されております。高校エリアにおいても、高校生に大学向けのラボコンテンツを提供することで、より発展的な教育機関をつくることもできます。

■Labster導入事例

生徒数10,000人を超える通信制高校のクラーク記念国際記念高等学校(https://www.clark.ed.jp/)におきまして、2020年度から、国内で初めてLabsterを導入した授業がスタート致しました。通信制でありながら毎日学校に通う「全日型通信制」という特徴的なカリキュラムにマッチしたほか、以下の点がご導入をいただいたポイントとなっております。

■Labsterご導入の理由

1.クラーク記念国際高等学校の教育理念にマッチ
2.STEAM教育、Society5.0などを見据えた時代に合わせた教育の実現
3.通信制高校ならではの施設上の問題や安全面
4.国際的な評価基準を満たした教育コンテンツ

また、教育現場へのLabsterのご導入にあたりまして、経済産業省が今年度からスタートした「令和元年度補正 EdTech導入補助金制度」への申請・利用が可能となる見込みです。

■EdTech導入補助金制度とは?

「EdTech導入補助金制度」とは、学校等教育機関にEdTechソフト・サービスを導入に要する事業費等の経費を一部補助する制度となっております。EdTech事業者が補助申請者となり、自治体・学校法人等の学校等設置者と、教育産業の協力による教育イノベーションの普及を後押しすることを目的に、2020年6月からスタート予定の制度です。
本制度の詳細は、以下WEBサイトをご参照ください。
『令和元年度補正 EdTech導入補助金』WEBサイト
URL:https://edtech-hojo.jp/

■この機会にLabsterのご導入のご検討を

新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防対策のための臨時休校措置により、リモート授業、自宅学習を余儀なくされている教育現場が多数あることと存じます。生徒たちの貴重な教育機会の大幅短縮という危機的状況にありながらも、ハーバード・メディカル・スクールやカリフォルニア州立バークレー校などが監修した、トップスクール発のバーチャル理科実験プラットフォーム「Labster」の導入で、自宅にいながらも普段の授業以上の教育体制を実現することも可能となります。この機会に、是非ともLabsterのご検討を頂けたらと考えております。

■会社概要

Labster販売代理店

法人名:dragonfruit株式会社
代表取締役CEO:本城 直季
代表取締役COO:中原 修一
Director:Luis Garcia Navarro
設立:2019年7月8日
事業内容:Ed Techサービスの企画・ローカライゼーション、独自EdTechサービスの企画・構築
所在地:東京都渋谷区渋谷3-1-9 YAZAWAビル 3F

参考dragonfruit株式会社 プレスリリース

V-Tuber ZERO https://vtub0.com