マイクロソフトが米大手ゲーム会社を7.8兆円で買収、背後には「メタバース」も?

Activision Blizzard

2022年1月18日、マイクロソフトは米国のゲーム会社アクティビジョン・ブリザード(Activision Blizzard)の買収計画を発表しました。金額は687億ドル、日本円に換算するとおよそ7.8兆円。マイクロソフト史上、そしてゲーム業界でも最大規模の買収となり、本買収は2023年度中に完了する予定です。

本買収に伴って発表されたプレスリリースでは、同マイクロソフトが提供する「Xbox Game Pass」のサービス強化やアクティビジョン・ブリザードの保有する「コール・オブ・デューティ」や「オーバーウォッチ」「キャンディクラッシュ」等についての言及がなされましたが、興味深い言葉が2回使われています――「メタバース」です。

CEOのコメントからもにじむ「メタバース」

日本マイクロソフトによるプレスリリースの抄訳では、「メタバース」というワードは以下の2箇所で使用されています。

本日、Microsoft Corp. (Nasdaq: MSFT) は、ゲーム開発とインタラクティブなエンターテイメント コンテンツのパブリッシャーにおいてリーダーである、Activision Blizzard Inc. (Nasdaq: ATVI) を買収する意向を発表しました。この買収によって、モバイル、PC、コンソール機、そしてクラウドにおけるマイクロソフトのゲーム事業の成長が加速し、将来のメタバースの構成要素を提供することになると考えられます。

マイクロソフトの会長兼CEO、サティア・ナデラ (Satya Nadella) は、次のように述べています。「現在、ゲームはあらゆるプラットフォームを通じて、エンターテイメントの中で
最もダイナミックでエキサイティングなカテゴリーであり、メタバースプラットフォームの発展においても、重要な役割を果たすことになるでしょう。マイクロソフトは、世界最上級のコンテンツ、コミュニティ、クラウドへの投資を強化し、プレイヤーとクリエイターを第一に考え、ゲームが安全かつインクルーシブで、誰もがアクセスできるものになる新時代を切り開こうとしています。」

前者の引用では買収に伴う各種IPの獲得やゲーム事業の伸張と紐付けられており、マイクロソフトによる「メタバース」の構想が垣間見えます。後者の引用ではメタバースプラットフォームにおけるゲームの重要性についてコメントを行っており、これはメタバースを掲げるEpic GamesやRobloxを意識したものと見なすこともできるでしょう。

もちろん、本買収の目的はマイクロソフトのゲーム事業の拡大が第一であると考えられます。その一方で、マイクロソフトはゲームを、メタバースの重要な構成要素としても考えているようです。

マイクロソフト、VR/ARフレームワーク「Mesh」を発表 マルチプレイのXRコンテンツ開発を可能に | Mogura VR

マイクロソフト、VR/ARフレームワーク「Mesh」を発表 マルチプレイのXRコンテンツ開発を可能に | Mogura VR

MoguraVR

Teamsでアバターが利用可能に MSが「Mesh for Microsoft Teams」を発表 | Mogura VR

Teamsでアバターが利用可能に MSが「Mesh for Microsoft Teams」を発表 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)日本マイクロソフトマイクロソフト

VTuber 最新ニュース一覧 – Mogura VR https://www.moguravr.com