「街コロ」「スペースチャンネル5 VR」のグランディングがVR専門スタジオを設立

Grounding VR

ゲーム開発を行うグランディング株式会社が、VR専門スタジオ「Grounding VR」の設立を発表しました。同社のVR開発チームを母体としたVRコンテンツ開発スタジオであり、ゲーム企業ならではの体験創出を目指します。

グランディングは2007年に設立。ボードゲーム「街コロ」やVRゲーム「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」、直近ではNintendo Switch / Apple Arcade向けゲーム「ワールズエンドクラブ」などの開発で知られています。

ゲーム開発の知見を活かしてVRコンテンツ制作

Grounding VRの公式Webサイトでは制作実績として、上述の「スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー」のほか、住友ゴム工業のタイヤブランドであるダンロップやファルケンとコラボレーションした事例が公開されています。これらの事例から、Grounding VRはゲームだけではなく、XRを活用した様々なコンテンツの開発を行うものと予想されます。

グランディングはプレスリリースにて、「これまで⾏なってきたVRのゲームや広告案件などの開発⼒を更に強化しつつ、全国⾃治体や企業案件などのVRはもちろん、AR、MR、メタバースなども含め、絶え間なく進化し続ける全てのXRのニーズに対応し、ゲーム会社ならではの体験創出のクリエイティブを⾏なってまいります」とコメントしています。

(参考)プレスリリースGrounding VR 公式Webサイト

VTuber 最新ニュース一覧 – Mogura VR https://www.moguravr.com