この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月11日~9月17日)

VTuber 最新ニュース一覧

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック!

今回紹介した動画のYouTube再生リストはこちら

【#17】いわてモー!モー!プロジェクトとは?さちこが徹底的にリポート!

https://www.youtube.com/watch?v=mHfpxjkIJlY

岩手さちこは岩手県公認VTuber。岩手といえば酪農が盛ん。今年は丑年。ということで「うし年は岩手の年! 岩手からみんなを元気に!」をキャッチコピーにしたプロジェクト「いわてモー!モー!プロジェクト」について牛のチャンプくんと紹介しています。実写と融合したVTuberが、ゆるキャラと共演して自然にやり取りする様子がユニークです。

ヨーグルト工場の見学の様子や、名物いわて短角牛の赤身肉などの名産も紹介。特に短角牛モモの映像は見ていてよだれが出そう。岩手の魅力をわかりやすくアピールしている、子どもから大人まで楽しめる、そして行きたくなる内容です。

https://www.youtube.com/watch?v=n8jDg8wH57U

3月には東日本大震災10周年の動画もアップされています。楽しいことばかりではなく、こういう現実を映像として次の世代のために残していくのも、公認VTuberとしての活動。代表的なご当地VTuber活動として、是非見ていただきたい存在です。

【北海道ホテル】やっぱり北海道のサウナは凄かった【モーリュ】

https://www.youtube.com/watch?v=LcB4tXamY2Q

サウナガチ勢VTuberのキヨミズウナがアップしたのは、憧れの北海道のサウナレポート。「北海道ホテル」は屈指の名サウナを設備しているらしく、なぜそこまで魅力的なのかをかわいいイラストを用いて紹介しています。

サウナについて全く知らない初心者でも、行ってみたくなるようなわかりやすい解説がされています。特に今回は「ウォーリュ」という特殊なスタイルを楽しむことができるようで、紹介とイラストを見ていると香りまで感じられそうな気分になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=BSGJV3DbXBo

このチャンネルは様々なサウナのレビュー、自宅で楽しむサウナ、サウナグッズなど、サウナにまつわる情報満載。写真と図説がたっぷりで、動画の作りが非常に親切なのも魅力。キヨミズウナの声自体が明るくハキハキしていて聴きやすいので、興味のある人はもちろん知らない人にこそ見てほしいVTuberです。

ORANG PERTAMA YANG DIUNDANG KE SINI! TOUR KANTOR VIRTUAL YOUTUBER!

https://www.youtube.com/watch?v=2UTwzLCQ4g0

日本語・マンタップというインドネシアのYouTuberが、にじさんじのANYCOLORオフィスに訪れる、珍しい動画をアップしました。日本のYouTuberでもここまでがっちりANYCOLORのオフィス内を撮影した人はいないと思います。

実際のNIJISANJI IDのライバーとの会話、Live2D作成の様子、スタッフのVTuber文化を広めていきたいという思いなどが撮影されています。かなり貴重な資料なので、にじさんじのファンなら必見です。

https://www.youtube.com/watch?v=39PNIIBwh2M

現在NIJISANJI IDはかなりの勢いで人気が伸びており、先日は2ndアニバーサリーイベントも開催されました。個々で日本のライバーとコラボしているメンバーもおり、世界をつなぐ架け橋としての活動も期待できそうです。

【旧校舎の幽霊】第九話 成仏【vtuber】

https://www.youtube.com/watch?v=o6qJvIGALSk

夏の間にだけ現れる女の子の幽霊VTuber、一期一夏2020年の第一章2021年の第二章と続き、視聴者とのやりとりをした中で自身の未練を発見。最終回として今回、きっちりと成仏して別れを告げます。VTuberの活動をそのまま物語化するスタイルの、一つの表現手法を見せてくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=oqynCPDK1k0

彼女は夏の終わり、自身の別れを言葉にして、オリジナル曲として最後に発表しました。旧校舎で彼女と共に夏を過ごした視聴者も、思い出を振り返ることができる作品です。夏が終わり秋になった今、この曲はグッと来るものがあります。
さらにこの物語を元に2022年夏目処で、今度はPC用ゲームとして開発されるそうです。先日から始まっているクラウドファンディングが成功し、現在はストレッチゴールを目指している最中です。

https://www.youtube.com/watch?v=Mn7vrJb-hx8

一期一夏との思い出企画として、100人のVTuberが参加して夏のスナップショットを撮影、みんなが並ぶMVが制作されました。参加者一覧はこちらのツイートから見ることができます。別れを決めた一期一夏がみんなのことを撮影しているのだと思うと、切なさと幸せで思いがいっぱいに。湧き上がる気持ちは、PCゲーム版への期待に向けたいところです。

11選!これから作るアニメ発表会!

https://www.youtube.com/watch?v=qaLpXZbZGRU

くろいもふは3Dアニメーションを制作しているクリエイターVTuber。今までは「SABER x SABER」というシリーズアニメを作っていました。今後さらに新しい創作を行うとのことで、今回は自身の活動指針について語っています。
そもそもアニメーションを作るのはものすごく体力のいること。しかし彼女の語りを聞いているとやりたいことでいっぱい。アニメづくりを心から楽しんでいるのが伝わります。そして、情熱を感じられるからこそ、新作が楽しみになります。

https://www.youtube.com/watch?v=ofyXJUxK5_s

「ビートセイバー」を題材にした「SABER x SABER」シリーズはセシル変身アプリを用いて数多くの登場人物が出てくるアニメーション作品。肝心の「ビートセイバー」プレイ部分は本格派プレイヤーの動画を借りてくるというこだわりよう。CVや音声、カメラアングル、話の緩急など隅々まで凝ったハイクオリティな内容です。概要欄を見ると、いかに労力をかけているかがよくわかります。

僕の絵を神岡ちろるママにブラッシュアップしてもらう!【猫又おかゆ/ホロライブ】

https://www.youtube.com/watch?v=ZeAFTnm5fMA

ホロライブ猫又おかゆの描いた絵を、彼女のママ(アバターデザイナーのこと)である神岡ちろる(バ美肉名は「かみおかちろる」)がブラッシュアップ、イラストとして完成させていく配信が行われました。最初にあげた猫又おかゆのイラストはイメージとして伝えるために描いたもの。これを神岡ちろるがビシッと整え、猫又おかゆの求めていた作品として提示し、彼女もファンも大歓喜。

おにぎりゃー(ファンネーム)の服の裾を引っ張る猫又おかゆ……という題材を最大限いかしつつ、特徴的な目の描き込みなど、神岡ちろるの描画テクニックを楽しめる配信になっています。
元々猫又おかゆと神岡ちろるは仲がよく、今回もほんわかした親子会話を聴くことができます。特に神岡ちろるのクスクスと笑う様子は非常にかわいらしいため、ママ自体にも数多くのファンがいます。娘(デザインしたVTuber)にあたる猫又おかゆと椎名唯華は「神岡家の気まぐれにゃじお」というラジオ配信を行っており、第15回にママにあたる神岡ちろるが出演し、こちらも大盛りあがりでした。

はえ~ワイ雑談するんか~

https://www.youtube.com/watch?v=0ki6x1snbjs

名取さなの配信画面を見て、一部のファンが仰天しました。逆に10代とかでこのネタわかる人どのくらいいるんでしょうか。WindowsXP風の背景とツールバーとウインドウ、そして左側で動く名取さなと、吹き出し。これを見て「えんいー」と言いたくなったら、あなたもワールドワイドウェブの住人。

これはデスクトップキャラクターのパロディ。画面左下に常駐しており、ちょこちょこ動いたり、問いかけシステムがあったりするもので、2000年に流行。特に「伺か」はいろいろなスキンが出まくりました。加えて当時のPCスペックには重すぎるものも多々ありました。
知っている人は00年代当時からかなりディープにインターネットをやっている剛の者。それを再現して雑談してしまう名取さなのアイデアは、ネット歴20年以上の人は見て損はないです。「何について調べますか?」欄で雑談のお題を書くという機転も見事。トーク内容は最新のものですが、それが「おもしろサブスクさがし」というインターネット力極まる内容というのが、名取さなの配信の中毒性の高いところです。

【オリジナル曲】「筋肉大爆発」 by 夜子・バーバンク【MUSIC VIDEO】

https://www.youtube.com/watch?v=yCxeZ114Njg

夜子・バーバンクの新曲はタイトルの「筋肉大爆発」のインパクトが強すぎる。中身はタイトルのとおりにあぶらっこい、ムチムチパツパツ筋肉愛あふれるものでした。「マッチョの敷布団 マッチョの掛け布団 マッチョの腕枕 すやすや眠る」という歌詞、そうそう見られるものではないです。寝られないです。

映画紹介VTuberのの夜子・バーバンク。ラップ調で列挙するマッチョたちは映画の元ネタがあるので、画像を見ながら当てていくのも楽しいです。幸せそうな夜子さんを見られるステキなオリジナル曲でした。

Joker’s joke / Tacitly(Linlin × Xi) 【Official Music Video】

https://www.youtube.com/watch?v=fm2SUrWVqLc

TacitlyのLinlinとXiは、元々は2017年スタートの生放送アニメ「直感×アルゴリズム♪」のキャラクターでした(そのため声優名が明記されていました)。ちょっとわかりづらいのですが、今回のMVで歌っているのは「直感×アルゴリズム♪」2nd SeasonのLinlinとXi。チャンネルで現在活躍している銀髪のふたりは3rd SeasonのLiliaとCielで、2021年1月からバーチャルアーティストとして活動を開始しています。LiliaとCielは、LinlinとXiをベースに作られたグローバル言語対応のAIアーティストとのことなので、別の存在です。LiliaとCielはキャラクター表記されていません

LinlinとXiが2018年に制作した「Joker’s joke」を改めて歌唱し、完全新規MVとして制作した今作。久しぶりのふたり、かつての作品は幼さが魅力のひとつでもありましたが、今回はぐっとこなれた大人っぽい雰囲気になっており、ジャジーな曲をいい具合に引き立てています。

https://www.youtube.com/watch?v=p_T4gdEU5So

4人で歌った音の重なりが美しいこちらの作品。このチャンネルならではの特殊形態のコラボレーションです。
まだVTuberが全然いなかった2017年夏から活動をはじめ、独特な形で進歩を続けてアーティスト活動を続けているTacitly。すでに日中で配信されており、ここから世界に羽ばたく彼女たちがこれからどのようなスタイルの活動をするのか、どんな作品を生んでいくのか目が離せません。

【MV】マーマレイドと白昼夢/ 稀羽すう【オリジナル曲】

https://www.youtube.com/watch?v=djxJM15NaPw

稀羽すうがアップしたオリジナル曲は、ミドルテンポのリズムトラックに載せた優しい歌声が魅力的な作品。まばゆい光をあびた木と草が風でそよぐループアニメーションが印象的です。特に色の使い方が巧みで、どの時間帯のどんな時期なのか、見る人の感情によって想像できる味わい深いものになっています。
甘いマーマレードも、苦いマーマレードも音となり、歌になる。「ふわり宙に舞った稀(うす)い羽の様な音を歌わせて」と自身の名前を盛り込んだ歌詞を、ゆらゆらした夢のごとき心地よい歌声で表現しています。酸いも甘いも、いろいろな形のないものを歌にしていきたいと願う彼女の、力みすぎない姿勢が見えてくる作品です。

https://www.youtube.com/watch?v=Jvkj4B0qplQ

https://www.youtube.com/watch?v=7K44tYbGVeE

「キセキの翼」のように、ポジティブで希望に満ちた力強い歌も発表している彼女。かっこいい曲も歌いこなせる表現の幅を持っているバーチャルシンガーです。かなりの作品がアップされており、聴いてみると稀羽すうならではの、歌うための理由がそれぞれに感じられると思います。

【オリジナルMV】眼裏の懐疑 / CIEL #03

https://www.youtube.com/watch?v=eDLFNttpXgU

CIELのオリジナル新曲は、前作「窓を開けて」のポジティブさとうってかわって、MVも歌声も非常にダーティ。以前のCIELをイメージして聴くと、一発目に入る「照らしてんなよ好機なんてさ」で心をかっさらわれます。うねるようなキーボードとギターの音が絡み合い、聴いているとこの薄汚れた世界観に引きずり込まれそうです。

「良い子を演じたって功績は履歴に残らない」と斜に構え、ネガティブな言葉をガンガンぶつけてくる歌詞。CIELはパンチをきかせつつ、どこか諦念して突き放すかのような表現で歌います。
MVの空間描写が興味深い。遠くには高級なビルが立ち並び、手前には錆びたトタンのスラム街。そこそこの生活をしていそうな自室と思われる場所から、CIELはスラム側に落下します。これがどのような意味合いを持つのかは見る人次第。意味深なMVです。

【フルート】白日 -Laz

https://www.youtube.com/watch?v=9unCaeAmkXM

バーチャルフルーティストのLazは、今までLive2Dを駆使してフルート演奏再現をしていたVTuberでした。今回活動3周年を迎えるにあたって、ついに3D化。記念として「白日」を3Dの姿でフルート演奏した動画をアップしました。

間奏後のふたつのパートからひとつになっていく演奏のハーモニーが抜群に美しい。フルートの息遣いは、まさに歌っているかのようです。3D化によって多角的に撮影できるようになったため、MVも非常に凝ったカットのものが多く、見ていて飽きさせない作品に仕上がっています。

辺銀ピナのアルファベットアニソン

https://www.youtube.com/watch?v=IZ44sDGxk5k

https://www.youtube.com/watch?v=BWv63DJJut4

辺銀ピナのチャンネルを開くと「A」「B」「C」とアルファベットがずらり。実はこれ、アルファベットが頭文字のアニメソングを歌ってアップし続けるという毎日チャレンジ。あまりなさそうな頭文字の作品も、ちゃんとチョイスしています。この発想と、連日収録してアップする労力、全てをしっかりと歌いこなす歌唱力がすさまじい。
英語ネイティブの彼女ですが、そうとは感じさせない日本語発言の滑らかさは聴きどころ。パンチの聞いた曲はずっしりと、軽快な曲は楽しそうに披露する、歌い方の幅の広さ。ひとつひとつの動画はフルコーラスではないため2分弱くらいなので、彼女の歌唱力に触れる入り口としてもってこい。笑顔でよく動きながら歌う彼女の姿も必見です。

眩暈 / 椎名林檎【Vsingerメタモエの歌ってみた】

https://www.youtube.com/watch?v=-A-SsXbwCM0

メタモエがアップした椎名林檎のカバーMVは、テーブル上のバンドを描いたアニメーションがかわいらしい絵本のような作品。落ち着きのある大人っぽい曲を、しっとりした柔らかい、それでいて人間味の強い歌声で表現しています。

https://www.youtube.com/watch?v=0GSfyIjSURc

ここに登場する面々はMetamorite Quintetと呼ばれており、以前の作品「You May Crawl」のカバーではメタモエバンドとして登場しています。不思議なメンバーの演奏アニメーションはとてもかわいらしく、グッズも販売されています。
メタモエは普段メタモエレコーズに音楽を、メタモエチューブにゲーム実況等をアップしています。音楽方面ではオリジナル曲、コラボ楽曲も制作。高い実力と頻度とコンテンツ力にあふれたVTuber・VSingerです。

【歌ってみた】お勉強しといてよ / ルカポルカ cover【ずっと真夜中でいいのに。】

https://www.youtube.com/watch?v=4kpS-EjNs38

ポップなデザインの困り顔が印象的。ルカポルカのアップした「お勉強しといてよ」のカバーMVは、元曲を知っているとびっくりするくらい、ルカポルカらしさ全開の作品。彼女の高めでキュートな声をそのまま活かし、ちょっと困惑した女の子の歌として再構築しています。原曲の持つイメージをしっかりリスペクトしつつも、KAWAIIを完璧にするルカポルカとしての意思を、ブレること無く魅せてくれるMVになっています。

《歌ってみた》エンドロール / 夏代孝明 covered by Malstrøm 《メルシュ》

https://www.youtube.com/watch?v=sTGNMPWo2WE

メルシュ -Malstrøm-は、普段アップしている動画の表情が力強く明るいため、いくつかのMVで見られる気だるい顔はインパクトがあります。今回は特に、その表情に意味がある作品です。

原曲のMVをリスペクトし、エンドロールからスタート。人生を映画に例えながらその空虚さを歌う原曲を、彼女の力強くもやりきれなさを湛えた歌声で表現しています。曲自体がスピード感があり、MVのタイポグラフィも派手なだけに、空っぽ感のある彼女の顔がどうしても目に入る。訴えるような思いが空を掴んでいる様子を、機微を捉えた歌声で表現。聴く側の心に爪痕を残していくMVとして仕上げられています。

https://www.youtube.com/watch?v=msG4W8_JPKw

オリジナル曲もアップしている彼女は、パワーのあるヘビーな空気感の曲も、ポジティブなメロディも高らかに歌いこなしています。作り込まれたMV作品が多数アップされているので、興味のある方は是非チャンネルをチェックしてみてください。

過去のおすすめ記事はこちらから:
必見!今週のおすすめVTuber

VTuber 最新ニュース一覧 – Mogura VR https://www.moguravr.com